ToS再び

TelsialでSZKがPLしてくれるというのでホイホイ再起動し土日で33→42。

 

ついでに、国際クライアント用に日本語パッチがあるというので当ててみました。最終更新が6月ということに若干不安はあるものの・・・。
手順通りにポチポチやると、


「お、これエエやん」。

 

街中のMob NPCの吹き出し中やクエストも、Mob名も、地名も・・・多少変な意訳や悪ふざけ訳があるものの非常に優秀。

びっくりです。先人の努力というかに感動。

 

しかし、ゲーム性自体はそのままというのはしょうがないというかクソの木というか。

 

現在は日本鯖で確認されたギャラクシーが国際で出来る事を確認し、愉悦に浸った後に外人に布教して終わりたいと思う次第です。
 


週末Genom2周目

1st Charaが先週の鯖クラで次元の狭間に行ってしまったので2ndを作成。

・・・またかよダルいなあ、と思っていましたが、2H程度でLvはともかくストーリー・クエスト進行は追いついてしまいました。理由は色々ありますが、

 

・序盤の武装取捨
・街構造の把握
・クエスト進行

 

この3つがわかっているだけでグンと序盤の難易度は低くなりました。特に街構造は重要。あの音響に耐えながら序盤は絶対に街クエで歩き回る事。絶対に。

 

装備について、序盤は強いピストルを入手し、その装備可能分だけSkillを伸ばしていけばいいと思います。初期のASとかはゴミオブゴミなので。防具は入手し、装備出来る物に振って行く感じ。Skill Lv=強い武器なので初回にAS上げ続けなければASメインで進めないんじゃないかな。装備出来るAS落ちないけど。


あとは、防具種類については実地で試していますが、
Tactics:すごいださい。が、性能バランスがいい。
Sabotage(Command):スキルと防具名が一致してないため分かりにくい。スタイリッシュデザイン。他2種に比べて柔らかい印象。
Assult:硬い。俺みたいなクソAimマンとか時々敵がBlinkする人向け。

という感じか? 

あと、TESOじゃないが、防具を統一するより混ぜて使った方が熟練度の入りがいい。

 

Critについては、Headshotとか弱点部位狙いではなく、武器固有ステにあるので確率発動っぽいのがなんともな。

 

あと、やはり何度も言うように音楽をなんとかしろ・・・して下さい。お願いします。regards
 


Project Genom

満を持してpre-αが遊べるようになったロシア産MMOTPS。

 

この土日に集中的に遊んでみた感想。
・UE4の割にエッジの効かないグラフィック(ぼんやり)
・Quest Trackerがクソ(見難い、Tier上がるとTrack外れる等)
・AIM厳しい割に敵の挙動及びラグスパイクで戦闘にならない
・メモリリークすごい
・音量調節出来ない
・エンヤを彷彿とされる謎のヒーリングミュージックがエリア構わずに流れて頭おかしくなりそう
・銃を納めるモーション等があり急な戦闘対応が遅れる
・チュートリアルに丁寧な説明はあるがUIに全くHelpが無い

 

・・・と、ここまで悪い点しかねえな。

 

良い点を挙げると
・pre-αという割に完成度が高い
・世界観が、ネイティブで無くともMain Questの流れでわかりやすく没入感が大きい

 

この2点。

 

クソだのゴミだの言われるけれど、まだpre-αだ。これがβ、そして正式版になればもっと完成度が上がっていくだろうと考える事は容易。

1,500円は結構安いように思える。少なくともW40K:ECに比べれば・・・。
 


合間

・Dungeon Deffenders 2
GW2グダりがちの現在、少し遊んでいます。去年だかβなのにクラ売っててなんや、とスルーしてましたらF2Pになったので、Nieceさん等とプレイ中。
前作はかなり遊んだなー。しかし、最終的にTDでは無くTPSになってしまったのが残念でした。
で、今作はどうかというと、結構その辺り考えられているようでTDしています。現時点でのバランスは合格。カンストしてからどうなるかが期待。
現状まだβのためかマルチプレイがやたらラグる時があるのが玉に瑕。

・Victor Vran
GW2ガーとウダウダしていた俺にdooomさんが勧めてきた最新ハクスラ。
見た目Diablo,PoE、中身Torchlight。となかなか折衷。面白いのがアイテム性能で、「アイテムもLvスケーリングされる」という点。Lv1で手に入れたアイテムを最後まで使い続けれるという仕様。
しかも、キャラステータスはLv UPとデッキ形式になっているカードで組み替えして決められるため、「いちいち、Strに+10・・・あとはVitに」とかそういう面倒なのが不要。
そして、近年のDiablo3に代表される「Uniq Legendalyは強力無比」というところから、原点に立ち返った文字通りユニークな性能は一長一短でBuildに幅が出来ました。更に言うと、真の性能面最強はRare武器をTransumuteでひたすら改造しまくった物になるようで、Diablo1やTorchlight1のような真のRandom的最強があるのもGood。
そして、何と言っても字幕や幾つかの誤字はあるものの完全日本語化されているのも素晴らしい。カプ糞Diablo2が逆立ちして月面宙返りしても敵わないクオリティにはびっくりです。
上限であるLv50以上はベテランレベルのような形でLv50(6)のような表記になり、追加チャレンジなどのやり込み要素が追加される模様。

Blood Sports Master League

すげえ難しい。
昨夜は自身初挑戦ながらLast Waveまで。

Pro安定してクリアする4pplでWave6-7くらいから結構ボロボロ崩れて来るのは、もうちょい経験とMaster League用に組んだ装備購入が必要なんかなあ。
ProだとSlayerでCharge入れてもなんとか生きてられるのに、Masterだと完全片道切符なんですよねえ・・・。Proまでは、Windmillar、Wolverinを始めとしての速度Critのクリアサ仕様だったのですが、Masterでは速度はPassiveに全て委ねて、DamageとVamp,Regen重視とかにしなきゃならんか。Vamp積むとWave7-8から回り始めるにはそうなんだが、それでもRangeで死ぬしな。

しかし、ぶっちゃけMelee辛いのでTankにAttack SpeedとかDamage積んでDPS Tank風味にした方がいいのではないかと考えなくもない・・・。

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM