<< 冬ごもり | main | 今夜、すべてのRiftで。 >>

スポンサーサイト

  • 2018.03.27 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


テロとの戦い

 昨夜寝る前に音無氏のHelpでdooomさんとC3を少しやってましたが、
「サンスピアってぶっちゃけテロ組織だよね。ダンクーロさんがタリバンで。」

・・・そういや、どう考えてもサンスピアはタリバンかアルカイダ。コーミルさんはテロ組織の精神的指導者ですよねー。多神教ですが。

01/09/11に同時多発テロ、そしてC3は約5年後の06/10/27にリリース。その五年間のアメリカ帝国を見ながら北米の会社がこんなストーリーを作ったのは今更ながら驚嘆に値する事だと思います。

豊富な軍事力とアバドン(核)を擁する悪のジーザス帝国を、草の根テロを続けながら各地を解放していき、最終的にNightfall(アメリカ本土決戦)で悪を打ち滅ぼす、という・・・なんというジハド的ストーリー。

・・・良くOK出たな。

プレイ当時は、PC=ジャスティス、で遊んでいたのですが改めてストーリーを追って行くと、大国とテロリストの戦いに巻き込まれ否応なく生活していく民衆の姿が非常に悲劇的。誰もが自分の正義を持って傷つけあうのは今のテロとの戦いに共通する所があります。

ま、正義とは勝者の事なのでテロ=正義と呼べなくはないのが本作のアレなトコでしょうかw



スポンサーサイト

  • 2018.03.27 Tuesday
  • -
  • 18:01
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM