学園

やっとインスマウス学園卒業。

昨年末くらいにLegacyで引率していたのもこの辺りなので新鮮味はあまりないですが、おかげで内容に集中出来るのは良い良い良い。

 

追加されていたクエスト、システムによりUIが最適化されたため、更に難易度が上がったギミック、視認性が増したため楽になったクエストなど、着実な進化は一見に如かず。

そして、何よりもMobの発する音が更にリアルになったために、何もしてないと効果音だけでもすげー怖い。気味悪い。

 

ここのコンセプトは、おそらく、オカルトを否定しないオカルト学なんだろうな、とテキストを追っていて思いました。

所謂ゴーストバスターズ的な。フランケンシュタインもいるし、Misson全般に出て来るWraith退治のギミックについても。

それについては校長自身が「魔術やオカルトは科学だ。数学だ。芸術だ。」と言い切っているのに集約されてしまう。

確かに、青空文庫でも公開されているチャールズデクスターウォード内にしても、適切な月齢時刻に適切な道具、材料、呪文があればおk、とかあるし実際はそうなのかもしれんな。

 

次は土産物屋クエをやって、満を持してブルマ(Blue Mountain)入りしたいものです。
 


Sucking Weakend

あー、もう、なにその、拡張触らせてやるけど新Specialization触れない、とか、餡抜きアンパンみたいなもんでしょ。本当にAnetはクソしかいねえな。

 

・・・とか言ってますが、実は結構満喫しました。

 

特にMountの動く感じが、今までのどのMMO等よりも騎乗動物という感じで大変もどかしく良いです。他にはSoulbeast情報がPet窓に見えていたり、嫌が応でも期待と不安と不安で胸がいっぱい。茶クマ大正義。


問題は今週末。

ビール祭りとスケジュール被っていてほとんど参加出来ないんじゃないですかこれ。
 


気になっていたが放置していたSWLのSteam版ローンチ記念イベントに参加してきたゾ☆。

 

本当にコレ、公式パッチノートとか見て咀嚼しないと場所わかんねえとかマジクソですわ。単純に言うならば、「アガルタ内に”穢れ”がTokyoより浸食してきたから食い止めようぜPub Raid」である。


これが、すげえ雑。

 

入った途端Lv最高スケーリングにされるエリアで、敵及びギミックが「GW2HoT VBのワイバーンにそっくり」という、興醒め感パ無い。しかも、報酬がイマイチであり、どうにも締まらないという。一回やれば十分。


いや、あのワイワイ感はいいのだが、別にこのゲームでやらんでも・・・という。
 


さてはて

うーむ。
あとは、WvWでMount使えるかどうかが重要。

Specializationについては武器偏りがあるくらいで前年からのリーク通り。今週末のβでドコまで出るか・・・。とりあえずはSoulbeast,Renagadeだなー。

 

どちらにせよ飲み会が悉く週末にあるのでな。来週末は地ビールフェスですよ!

 


実際危険な

最近、SWLになって始めた日本人プレイヤーの話をトンと聞かなくなったが、もしかしてコンスタントに遊んで、かつテンション↑で楽しんでいるのは日本全土で俺しかいないのでは、と考えなくもない。


ということでSolo Cabal設立。

Cabal名は「Far East Dangerous」で(笑)。

 

Legendsになって、ダンジョン開放クエもメインクエ同様に一定の前提クエストが必要になってダリいなとか思ってたけど、きちんとフレーバーになってて、よくわかる背景世界、みたいで大変よろしい。


なお、Hell Fallenまでクリアしたが、3人用でHealer無しが前提になっているようで、雑魚もスルー出来るし1packも少ないし敵Lifeも少な目なのでサクサク行く。

ギミックはそのままだが、よりエフェクトなどがわかりやすく派手になってて快適。
 


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM